しれーっと男の本音

中年男子が書いた日常で気になった雑記ブログ

過去のデータが消えるってよ。グーグルアナリティクスの過去のデータを消えなくする方法

f:id:shinichikanzaki:20180424163358j:plain

ECサイトやコーポレートサイト、ブログなどの解析には欠かすことが出来ないツールの一つ、Google Analytics(グーグルアナリティクス)。

少し前にこのグーグルから連絡が・・・スルーはまずそうね(;^_^A

 

グーグルから来たお知らせの内容

メールで知らせてくれるのはありがたいですが、なんせ英語なのでスルーした方も少なくはないのでは?

 

 

 

画像名
すめあごる

ん?なんやこれ?内容の意味が解らん^^;

 

 まあ英語の翻訳ソフトにて、グーグルからのメールを翻訳してみると、こんな感じ

Googleアナリティクスでは、選択した保存期間より古いユーザーとイベントのデータが自動的に削除されます。 これらの設定は、集計データに基づくレポートには影響しません。

 

 

画像名
すめあごる

ん?なんでや?いきなり・・・

 

 EUにデータを保護する規則{2018年5月にEAA(欧米経済圏)で施行される個人情報保護の法律、「GDPR:General Data Protection Regulation(一般データ保護規則)}

にグーグルが準ずる事を決定したんだって。

 

更に内容を詳しく知りたい方はググってください。それはともかくデータが消えないように設定しなきゃ。

放置したままだと消えるグーグルアナリティクスのデータを守る設定

まずはご自分のグーグルアナリティクスにログインしてください。

f:id:shinichikanzaki:20180424164620j:plain

次に歯車マークの「管理」→「トラッキング情報」をポチッとクリックする

するとその下にトラッキングコードから検索キーワード除外リストまでトゥルンと出てきますので、3番目の「データ保持」をクリック

f:id:shinichikanzaki:20180424165043j:plain

 

すると上記画像の様に「ユーザーデータとイベントデータの保持」が出てきますので、

自動的に期限切れにならない」を選択して保存したら完了です。

 

長年使っている方は、過去のデータがかなり消えると思いますので、必ず2018年の5月25日までに設定を変更しておきましょう。

ついでに管理している他のプロパティーやアカウントの分も忘れずに行っておきましょう。

 

p.sちなみに5月25日は私の誕生日ですwww